カバー (装幀=工藤強勝)
〈被爆者〉になる

内容一覧

目次
〈被爆者〉になる――変容する〈わたし〉のライフストーリー・インタビュー

序論  〈わたし〉という視座からのアプローチ 
  1 はじめに 
  2 問題の所在
  3 「継承」の実践に携わる人びとが直面する現実
  4 「罪意識」の同心円による「死者」の可視化
  5 フィールドに現われる〈わたし〉とMさん
  6 「被爆者になる」という語り
  7 本書の構成

第1章 〈語りえないもの〉と記憶の語り 
  1 問題の所在
  2 被爆者調査史の再検討
  3 『反原爆』との差異
  4 米山リサによる普遍的言説の無効化
  5 言説分析の導入と、その限界
  6 ライフストーリー・インタビューから、新たな地平を切り開く

第2章 「長崎」の記憶の地図 
  1 問題の所在
  2 「劣等被爆都市」へのアプローチ
  3 重要な仲介役との出会いから、フィールドへ
  4 三名の語り手との出会い
  5 継承という言説をめぐる語り手の位置関係
  6 Tさんとの出会い
  7 Yさんとの出会い
  8 Mさんとの出会い
  9 他者の語りを聞くことを、書くこと

第3章 「被爆体験」の身体的複製 
  1 問題の所在
  2 ふたつの違和感
  3 死との遭遇
  4 生を回想すること
  5 反復する死についての語り
  6 死の衝動により現象する〈わたし〉という意識

第4章 被爆体験の言説化 
  1 問題の所在
  2 原爆を語ること
  3 被爆遺構めぐり
  4 「爆心地」をめぐる媒介者たちの語り
  5 原爆の記憶の曖昧化と平和教育
  6 「生涯きえん、ものすご根強い」記憶

  7 もうひとつの「浦上」
  8 「被差別」へのまなざし
  9 「ひっかき傷を与える」

第5章 「被爆者になる」ということ 
  1 「被爆者になる」という立場と、記憶の継承の可能性
  2 「被爆者になる」出発点としての〈語りえないもの〉
  3 石田忠と福田須磨子、〈わたし〉とMさん
  4 罪意識をめぐる円環
  5 「被爆者になる」ということ
  6 オーラル・ヒストリーによる記憶の継承の可能性
  あとがき 
  参考文献 
  


著者紹介

高山 真(たかやま まこと)
1979年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。
博士(社会学)。現在、慶應義塾大学文学部非常勤講師、慶應義塾大学大学 院社会学研究科訪問研究員。専攻は社会学、ライフストーリー研究。
共著書に『過去を忘れない 語り継ぐ経験の社会学』(せりか書房)、『ライフ ストーリー・ガイドグック ひとがひとに会うために』(嵯峨野書院)、『被爆 者調査を読む ヒロシマ・ナガサキの継承』(慶應義塾大学出版会)など。